10月8日(土)は臨時休業とさせていただき→ 11日(火曜日)を営業いたします

革製品のお手入れは

3ヶ月ほど使用しております「モトトレックブーツ」。
 
自分の持ち物に関しては管理が適当であるということに定評があるのですが、このモトトレックブーツに関しても新品で下ろして以来、履きっぱなし。
 
なーんもしとらん。(訳:何にも手入れしていない)
 
本日、ついに重い腰を上げてお手入れを実施いたしました。
 

店内のマネキンに履かせたりはもちろん、ツーリン・・・じゃなかった製品テストにも使用しております。
走行距離にして1,500kmは走っておりますが、雨には遭っておりません。
 
このモトトレックブーツですが、登山靴がモチーフでありツーリング先で駐車場から展望台まで歩いたりといったケースを想定したブーツです。(登山靴よりもシャープなデザインになっています)

このベロ部分も登山靴と同じ造りで、ご覧のように一体式となっており、折りたたんで靴紐を結ぶという蛇腹方式ですので多少の雨風の侵入は防いでくれます。(雨天未使用なのでまだ試しておりませんが・・・)

今回使用するのはこちらの「Ranapur(ラナパー)」税込3,300円です。
 
天然由来成分で作られており、革製品全般に使用できます。
 

表面のホコリや汚れを取った後、付属のスポンジで薄ーく塗ってあげます。
 
取説にも「薄く塗ってください、ベタベタするようでしたらそれは塗りすぎです」って書いてあります。
 

写真じゃあまりよくわかりませんが、左がラナパー塗布後で、右(チェンジパッドが付いている方)がビフォーです。
当たり前ですが黒々してキレイになりました。
天然由来成分のみで作られておりますのでほぼ無臭(マスクしていたら完全に無臭でした)、艶も自然です。

両方磨いて紐を通して終了!
 
とてもキレイになりました。
これを繰り返していくとだんだん足に馴染んでいい感じになってくると思われます。

モトトレックブーツに関しては23.5のブラウン、26.5のブラウン、27,5のブラックの3足のみ在庫あります
 
このラナパーは革製品であれば何にでも使える優れもので、革ジャンやツナギ、ソファーやクルマのレザーシートもO.Kということです。(ただし、ブランド品の革製品はメーカーに問い合わせしてくださいと取説に記載あり)
 
「寒くてバイク乗る気にならんぜ」という方は、バイクを磨いたりはもちろんですが革製品のお手入れをするというのもよいかもしれませんね。
 
私物に関しては管理が雑な店長コヤナギとしてはブーツのお手入れはこれで終了なのですが(笑)、もっときっちりとお手入れなさりたいという方はマックスフリッツ札幌店長の動画をぜひご覧ください。
靴磨きマイスターがそのノウハウを惜しみなく公開されております。シャツも可愛いです(笑)


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアお願いいたします!
目次
閉じる