6月より定休日が変更となっております。こちらをご覧ください>>

今、白いスクランブラーパンツを穿くべき5つの理由

なんかネットの記事とかでありがちな「●●すべき▲つの理由」みたいな題名を使ってみましたが、ただの釣りです。5つも理由はありませんのでご了承ください(爆)

取り置き依頼をいただき、後日お引き取りに見えそのまま穿いて帰られたお客様。
MOTOGUZZI V7III Racerを駆る女性です・・・イカします(死語)マブイです(かなり死語)。

付き合いの長い友人が白いスクランブラーを買ってくれたので、「写真撮りたいけん乗ってきてよー」と軽い気持ちで頼んだらバッチバチに決めて2台揃って来ていただきました。

BIMOTA TESI 3DC(ビモータ・テージスリー・ディーシー)
ハブセンターステアリング機構を持つフロントサスが特徴的なイタリアのバイク(エンジンはドゥカティ)
オーダーで作ったというルイスレザーズの白いレザージャケットと合わせてあるというこだわりです。

こちらはおなじみスズキ・GSX-1100S刀のファイナルエディション。
バイクだけ見ると東本昌平の漫画に出てきそうなので上下ブラックレザーでカンバン背負ったライダーが乗ってそうですが(笑)・・・、鮮やかなブルーのレザージャケットに白いスクランブラーを合わせた長身のライダーは目立ちますね!レザージャケットは意外にも(?)KADOYA製だそうです。

ご来店いただくたびバイクが違うお客様(笑)は、BMW K1600GTに白いスクランブラーを合わせて来ていただきました。ジャケットはMaxFritzのクラシックメッシュジャケット。
白いブーツはBMW Motorradの純正アパレルだそうです。

これは阿蘇パノラマラインを登っている店長コヤナギとDUCATI Desert Xです。
黒いモトトレックブーツにレザーパイピングメッシュジャケットの黒を組み合わせています。

ベースがわかりにくいですが、カワサキ・250TRがベースだそうです。
空冷エンジンのシリンダーに鉄の洗濯バサミを沢山挟むというのはまさに昭和の手法(笑)
バイクによって服のテイストも替えて来られます、見習わねば・・・

プロテクトメッシュシャツに白いスクランブラーを合わせてR100GSでお越しのお客様は、キャリアにくくりつけたクーラーボックスにレンコンを入れて来られており、差し入れいただきました(笑)

ドゥカティ・スクランブラー カフェレーサーにデライト製カウルを装着して完全にカフェレーサーとなっております。ジャケットはメッシュスリーブシングルライダース 。

ハーレーダビッドソン・FXS Black Line。上は普通にロンTにTシャツです。
撮影用にノーグローブです。

白いスクランブラーパンツを穿いてご来店いただいた時がたまたま通勤スペシャルのヤマハNMAXで、ご本人はややご不満なようですが(笑)、次回はRebel 1100で是非どうぞ〜

こちらのお客様はマックスフリッツオープン直後から「白いスクランブラーが再入荷したら連絡してください」と言われていたお客様。ビューエル・S1ライトニングはフルレストアされてバッチリ仕上がっております。それでも30年近く前のハーレーですから多少のオイル滲みもあることでしょうが構わず白いパンツです(笑)

ハーレーダビッドソンFLHTK エレクトラグライドウルトラリミテッド(長い!)にお乗りのお客様も革ジャンはKADOYAのヘッドクォーター製(フルオーダー)と白いスクランブラーを合わせてあります。
上下ブラックにシンプソンだと威圧感ありまくりですから、白いパンツで少しソフトな印象になっています。

いつも「マフラー換えました?」って尋ねるGB350S(いい音するんですよ)のお客様はライトグレーのジャケットと合わせていらっしゃいますが、そこまで派手な感じはしませんね。ジャケットのブランド失念・・・

八女市にある「シャカカリー」さんの前で撮っていただいた店長コヤナギとドゥカティ・M900
エアインテークトレールジャケットのブルーと組み合わせています。
ブーツはm.stadionのバイエルンの白です。

という感じで、着用例をご覧いただくと意外と何にでも組み合わせられるというのがおわかりいただけるかと思います。

白いパンツを穿いていると「なんとなく涼しそうに見える」「実際涼しい」「なんかお洒落に見えるらしい(笑)」といったお声をよく聞きます。

で、ご来店のお客様にはとりあえず「白いパンツいかがですか?」とお勧めする店長コヤナギなのですが・・・必ず言われるのが

「汚れが目立つ」

と・・・

結論を申し上げれば「汚れは目立ちます」
んが、一度穿いたら洗濯しちゃえば元どおりです。

実際どんなもんか↓以下に掲載しておきます

ドゥカティ・M900で丸一日、250km程度走った後の状態が上の写真。
フロントタイヤが刎ねあげる砂やらなんやら、ブーツと接触する裾部分が汚れているのがおわかりかと思います。
で、これを洗濯機についている「お洒落着洗いモード」で洗って乾かしたのが下の画像。
お洒落着洗いモードなので洗いは7分程度と短めです、それでも洗って乾かせば白くなります。

というわけで、『汚れは目立つが洗えばいい』ということがお分かりいただけたかと思います。

それから・・・白を穿こうが黒を穿こうが同じく汚れますので、バイクに1日乗ったら服は洗いましょう(笑)。スクーターとかだったら汚れなさそうですが・・・

というわけで・・・


今シーズンはスクランブラーパンツを一度再生産したため、まだ店頭在庫があります。
(第一弾は速攻で完売しました。※一部サイズ欠けあります)

白いスクランブラーパンツに関しまして
マックスフリッツ鳥栖店には
●レディス(S/M/L)
●メンズ(S/M/L/XL)
の在庫がございます!

9月からはもう秋冬物の入荷が始まりますので、スクランブラーは(発売されれば)来年春以降の入荷となりますので、ご検討の方はお急ぎください!

厳しい残暑の季節から秋にかけて白いヒートガードスクランブラーパンツで(見た目だけでも)爽やかに駆け抜けましょう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアお願いいたします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次