阿蘇パトロールレポート

火曜日はお休みをいただきましたが、お店を閉めていたというだけで私は仕事をしておりました
 
そうです、先日「噴火」と全国ニュースになった阿蘇へパトロールに行って参りました。

自宅(海抜2mくらい)出発時の気温は15.4℃。
 
お天気は良いものの、山の上は寒くなるだろうということで絶好の製品テスト日和でもありました。
 
ヒートテックでもない普通の長袖Tシャツに先日新入荷したプロテクトキルトシャツを着て、ショートパーカを羽織り、ボトムはジョガーモトパンツ3
 
出発準備しておりましたところ・・・「暑い」(笑)、早く走り出さないと・・・・

特に目指したわけではなかったのですが、本田技研熊本製作所の近所を通りましたので「里帰り」のイメージで一枚・・・ココで生産されたわけではなかったと思いますが、雰囲気雰囲気(笑
 
「北側復旧ルート」(自動車専用道)に入り、二重峠トンネルを抜けると眼前には阿蘇五岳が・・・
震災で57号線が使えずミルクロードを迂回していた時のことを考えるとワープ感覚ですね。
(現道の国道57号線も全線4車線になっており、こちらのルートもかなり早い)

ちょうど良い時間になりましたので「ヒバリガレージ」へ。
原付二種グループの方と一緒になりました、彼らはこれからツーリングしながら菊池でキャンプするとおっしゃっておられました。帰り道の菊池ですれ違いました。

とても長閑な時間が流れます。
プロテクトキルトシャツが暖かいのでせっかくですから外でランチをいただくことにしました。

本日のランチは「ヒバリグリル」の方でハンバーグをオーダー。
田んぼの向こうに見える阿蘇五岳を眺めながらいただきます。
 
ここまで読んでいただいてお気づきかと思いますが、阿蘇市一の宮町(阿蘇五岳の北側)は噴火の影響など微塵もございません

路肩に火山灰でも残っているかもと思いましたが、風向きの影響で南側に少々降灰しているものの、まったく影響はありませんでした。

中身の詰まったハンバーグをいただき、お腹いっぱいになりましたが心配無用。
 

ジョガーモトパンツ3はウエストがゴム&紐だし!
 

原二グループの皆さんが出発した後、この駐輪スペースカッコいい・・・
 
ヒバリグリルを後にして、次の目的地へ。

ひっかかるとなぜか嬉しい豊肥線の踏切。
 
「どんな列車が来るのかなー?」

と待っていると、『ハウステンボス号???』
 
噂によると『シーサイドライナー』も走っているとか?山なのに(笑)
 
関連記事>>

いこいの村方面から阿蘇パノラマライン坊中線へ。

はい、絶好の駆け上り日和でございます。
青空に向かってスロットル全開(のつもり)です。
草千里までは問題なく行けると聞いていたものの、実際はどうなのか?ちょっと不安ではありましたが、路面は綺麗ですし、路肩に火山灰が積もっていたりということもありません。
 
ただ、道路沿いの駐車スペースに「監視車両」と表示されて係員さんが待機されているクルマが数台停まっておりました。
 
ほどなく草千里に到着。
 
今まで幾度となく来た場所ですが、今回はさすがに息を飲みました。

中岳火口そのものはいつものように穏やかな白い煙が上がっていましたが、火口を中心にして周辺が火山灰で真っ白に・・・・
旧ロープウェー乗り場の売店の人達はさぞ怖かったでしょう。

草千里から先は通行止めです。
南の高森側から登るルートも途中で通行止めですので、草千里へ行くには坊中線か赤水線を通らなければなりません。ご注意ください。
 

草千里の駐車場はけっこう賑わっておりまして安心しました。
しかし・・・それにしても自然の力ってすげえと思いながらチョット進んでは写真を撮って全然先に進めません(笑
↑この場所はまるでCGみたいでした。 

草千里で15℃切るくらいだったと思いますが、やはりこの季節はエンジンにとっても良いようです。
すこし滞り気味の場所を走っても油温が100℃を超えることもなく、精神的にも安定です(笑)

やまなみハイウェイからミルクロードを通って大観峯にも立ち寄ってみました。
たくさんのバイクやクルマ、修学旅行生の貸切バスなどかつての賑わいを取り戻しつつあることが感じられました。
 
ソフトクリーム食べようかと思いましたが、15時だったこともありお腹がいたくなりそうでしたので(笑)そのまま帰路につきました。
 
帰路がまた止まって写真撮ってばかりで全然進まない・・・・
 

本日の自撮り写真。
着ていったものがわかるように撮影しておりますが、本当はこの上にショートパーカを着ておりました。
出発時から「やっぱり少し外気温を感じるなぁ」と思っていたのですが、寒くはなかったのでそのまま気にせず走っておりました。
で、大観峯の手前あたりでパーカーのエアインテークが開いていることに気づき(オイ)、閉めたら完全に外気温を感じなくなりました。気温15℃くらいではこのプロテクトキルトシャツがアウターでも良さそうでした。
 
菊池渓谷横を下る際には13℃くらいまで気温が下がりましたが、まったく寒さを感じることはありません。
菊池市内から自宅までの平坦路ではまたしても「暑い・・・」

まぁ一番びっくりしたのはこのジョガーモトパンツで、謳い文句通り全然風を通さず、終始快適ライディングでした。おまけにウエストはゴムだし・・・・下に高機能タイツ履けばもっと寒くなっても使えそうです。

オレは元に戻れるのか・・・(笑)
 
この色は「マルチミックス」です。

というわけで、秋の阿蘇をツーリン・・・じゃなかった、パトロールして参りました。
 
結論としては噴火の影響はほとんどなく、草千里へツーリングも普通に行けますし、ましてや大観峯とか久住あたりに至ってはまったく影響無いレベルですので、週末や祝日に阿蘇ツーリングを計画している皆様におかれましては予定通りに行っていただいて良いのではと思います。
 
テレビではすげーことになってるような報道があっていました(その後のフォローは無い)が、現地はいたって平穏です。阿蘇でうまいものたらふくたべてお土産買って帰りましょう。
 
というわけで、阿蘇パトロールレポートでした。